水ダイエット

水ダイエットのやり方・飲み方で『よくある10の質問』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
images52

水ダイエットをしようと思ったが、「正しい水ダイエットのやり方・正しい水の飲み方が分からない!」という方も多いだろう。

そんな方のために、水ダイエットのやり方・飲み方に関する『よくある10の質問』と、それに対する回答を分かりやすく簡潔にまとめている。

この記事を最後まで読めば、水ダイエットの正しいやり方・正しい水の飲み方が理解できるので、ぜひ参考にしてほしい。

 『よくある質問』は下記の10個だ。

1.水ダイエットはどのような効果があるのか?

正しい水ダイエットのやり方を実践すると、ダイエット効果があるのは当然だが、美容や健康においてもかなり効果的だ。

水ダイエットの最大のメリットは、基礎代謝量が上がり、エネルギーの代謝率を良くすることである。

つまり、自然と脂肪を燃焼しやすい体質になるので、リバウンドもなくダイエットすることができる。

また、ダイエット以外にも様々な効果があり、具体的には下記の通りだ。

  • 基礎代謝が上がる
  • 体温が上がる
  • 食欲の抑制
  • 肌の透明感が上がるので美白になる
  • ニキビや吹き出物などができにくくなる
  • 乾燥肌・シミ・小ジワ・たるみの改善
  • むくみの解消
  • リンパの流れが良くなる
  • 老廃物のデトックス
  • 血液がサラサラになる

このように、水ダイエットは美容や健康に対しての効果も抜群だ。

※参照ページ:『水ダイエットの効果の全てが分かる10個のメリット

2.正しい水ダイエットのやり方は?

正しい水ダイエットのやり方で理解しておきたいポイントは、下記の3つだ。

  • 水を飲む量⇒毎日2リットル~3リットル!
  • 水を飲むタイミング⇒喉が渇く前に、こまめに水を飲むこと!
  • どのような水を飲むべきか?⇒純粋できれいな水を飲むこと!

毎日2リットル~3リットルの純粋できれいな水をこまめに飲むことが正しい水ダイエットやり方である。

水ダイエットの方法で必ず知っておくべき3つのポイント

健康によい水と絶対に飲んではいけない水ランキング

水の質が圧倒的に高い!【コスモウォーター】の特徴から注文方法までの全てを徹底解説!!

3.ダイエットに効果的な水の飲み方は?

ダイエットに効果的な水の飲み方は下記の通りだ。

  • こまめに水を飲むこと!
  • 喉が渇く前に水を飲むこと!
  • 水を飲む習慣付け!

一気に大量の水を飲んでも、水ダイエットの効果は得られない。

喉が渇く前に、こまめに水を飲む習慣を付けることが重要だ。

※参照ページ:『水ダイエットの方法で必ず知っておくべき3つのポイント

4.水ダイエットで飲む水の量は?

水ダイエットで飲む水の量は、2リットル~3リットルがよい。

1日の水の必要量(体重の4%が目安)

  • 体重40キロ⇒1.6リットル
  • 体重45キロ⇒1.8リットル
  • 体重50キロ⇒2リットル
  • 体重55キロ⇒2.2リットル
  • 体重60キロ⇒2.4リットル

上記のように体重によって1日に必要な水の量は変わってくる。

※この記事を含む当サイトの内容は、体重50キロの人を基準に説明している。

ダイエット目的でない方は1日必要量の2リットルだけでも構わない。

しかし、ダイエット目的の方は、1日の水の必要量より少し多めに飲む方がよい。

そうすることで基礎代謝量が上がり、自然と脂肪を燃焼しやすくする体質になる。

水ダイエットを正しいやり方で実践したい方は、毎日2リットル~3リットルの水を飲むとよいだろう。

※参照ページ:『水2リットル飲むとダイエットになる理由と必要性

5.水を飲むタイミングは?

ダイエットに効果的な水を飲むタイミングは下記の通りだ。

  • 起床時⇒胃腸を刺激してお通じを促す
  • 食前⇒食べ過ぎ防止
  • 食後⇒消化を助ける
  • 入浴前後⇒入浴で汗をかくため
  • 寝る前⇒寝ている間にも汗をかくため

注意点としては、食事中はなるべく水分を飲まないようにしよう。

なぜなら、食事中に水を飲み過ぎてしまうと、胃液が薄まって、逆に消化されにくくなる可能性があるからだ。

また、寝る前に水を飲むことは重要なのだが、寝る30分前には水分補給は終えておこう。

寝る直前に水を飲み過ぎてしまうと、翌日のむくみの原因となってしまうので注意しよう。

寝る30分前に水分補給を終わらせておけば、むくみの心配はないので大丈夫だ。

※参照ページ:『水ダイエットの方法で必ず知っておくべき3つのポイント

6.水ダイエットで飲む水は水道水でも大丈夫なのか?

水ダイエットで水道水を飲むのは明らかにNGだ。

なぜなら、水道水には大量の塩素や化学物質が含まれているからだ。

塩素は殺菌作用があるのだが、その反面、人間の体にとっても有害であるのは当然だ。

塩素が体内に入ると、ビタミンやたんぱく質などの栄養素を破壊してしまう。

化学物質も当然だが人間の体には有害であり、トリハロメタンなどの発がん性物質も含まれている。

そのような水道水を毎日2リットル~3リットルも飲んでしまっては、ダイエットどころか美容や健康を損なってしまう。

従って、水ダイエットにおいて水道水を飲むことはNGである。

※参照ページ

水ダイエットで水道水を飲むのはNGだと分かる6つの問題点

健康によい水と絶対に飲んではいけない水ランキング

天然水宅配市場で最も売れているウォーターサーバー!【コスモウォーター】の特徴から注文方法までの全てを徹底解説!!

7.どのような水を飲めばよいのか?

水ダイエットで飲む水は、『純粋できれいな水』である必要がある。

また、冷たい水ではなく、常温の水か白湯(さゆ)を飲むようにしよう。

ちなみに、下記のような飲み物は、『純粋できれいな水』ではないので、水ダイエットには不適切である。

  • 水道水
  • ミネラルウォーター
  • お茶や清涼飲料水

詳細は下記のページで確認しておこう。

健康によい水と絶対に飲んではいけない水ランキング

非の打ち所がないウォーターサーバー!【コスモウォーター】の特徴から注文方法までの全てを徹底解説!!

8.水を1日2リットル飲むと痩せるのは本当か?

結論を言うと、水を1日2リットル飲むと痩せるのは本当だ。

水を1日2リットル飲むことで基礎代謝量が上がり、消費カロリー量が増え、自然と脂肪を燃焼しやすくする体質になることができる。

また、水は1日2リットル必要だと言われている理由は、人間の体は毎日2リットルの古くて汚い水ができているからだ。

体内の水は、細胞の隅々まで循環し、だんだんと濁っていく。

その水をデトックスするために毎日2リットルの水を飲む必要があるわだ。

※参照ページ:『水2リットル飲むとダイエットになる理由と必要性

9.むくみが気になる・・・水をたくさん飲むと水太りするのではないか?

水をたくさん飲むと水太りする・・・というのは完全な誤解である。

なぜなら、水太り・むくみの原因は水不足だからだ。

「水をたくさん飲むと水太りする」、「水をたくさん飲むとむくみやすい」という人は、代謝が悪くて体に水を溜め込みやすい体質になってしまっている。

つまり、水太り・むくみを解消したければ、水を飲んで代謝を良くしてあげればよいわけだ。

もちろん、一気に大量の水を飲んではいけない。

毎日2リットル~3リットルの水をこまめに飲む習慣を続ければ、水太りや、むくみの心配はない。

※参照ページ:『水不足こそがむくみの原因!むくみの仕組みと7つの解消方法

10.水ダイエットはお茶でもいいのか?

お茶にも体に良い成分が入っているのだが、水ダイエットはお茶よりも水の方がよい。

なぜなら、お茶には下記のようなデメリットがあるからだ。

  • お茶を分解するときに体に負担がかかる
  • カフェインの作用

毎日2リットル~3リットルもお茶を飲むことは、上記の理由によっておすすめではない。

水なら体に負担もかからないし、当然、カフェインの作用もない。

従って、水ダイエットではお茶ではなく水を飲むべきだ。

※参照ページ

まとめ

水はダイエットには必須であるが、それ以前に、健康であるためには水は欠かせないものである。

人間の体の60%が水でできている。

お茶や清涼飲料水では人間の体はできていないのだ。

人間の体は60兆個の細胞から形成されていて、その細胞の質は、普段飲んでいる水の質で主に決まってくる。

つまり、あなたの健康を左右するのは、水だと言っても過言ではない。

ダイエットや美容のためには、健康であることが大前提である。

この記事を最後まで読んでくれたあなたが健康であるために、水ダイエットを正しいやり方で実践して頂ければ幸いだ。

健康によい水と絶対に飲んではいけない水ランキング

初期費用・サーバーレンタル代・配送料の全てが0円!【コスモウォーター】の特徴から注文方法までの全てを徹底解説!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加