睡眠

睡眠不足の症状で特に気を付けたい37のこと【健康編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
images82

睡眠不足になると、脳や体、健康面において様々な症状が出てくる。

この記事をご覧のあなたは、

  • 睡眠不足による症状に悩まされている
  • このまま睡眠不足が続くとどうなるのか?
  • 睡眠不足は健康面においてどのような危険があるのか?

といった不安や悩みを抱えているのではないだろうか。

睡眠は、私たち人間にとっては必要不可欠なものであり、このまま睡眠不足を続けるのは明らかに危険である。

そこで今回は、『睡眠不足の症状で特に気を付けたい37のこと【健康編】』について簡単にまとめている。

このページを最後まで読めば、睡眠不足が健康(脳や体)にどのような悪影響を及ぼすのか?ということが分かる。

さらに、『睡眠不足にならないために必要なこと』についてもご紹介しているので、こちらも合わせてご参考頂きたい。

また、日常生活や美容、子どもへの影響については、こちらのページで確認しておこう。

睡眠不足の影響【全68項目まとめ】

寝不足の症状で必ず知っておきたい20のこと【日常生活編】

睡眠不足が及ぼす肌や髪への5つの悪影響【美容編】

睡眠不足が及ぼす6つの悪影響【子ども編】

1.疲労回復力の低下

睡眠の一番の目的は、脳や体の疲労を回復させることだ。

日中に摂取した栄養素を使って、睡眠中に脳や体の修復・回復させている。

睡眠時間が短かったり、睡眠の質が悪かったりすると、脳や体の疲労回復がしっかりと行われないので、疲労回復力が低下する。

2.基礎体温の低下

人間の体は、睡眠を欲しているときに体温が下がるという仕組みになっている。

つまり、寝不足だったり、睡眠不足だったりすると、体は休息を求め、体温が低下してしまうのだ。

基礎体温が低下してしまうと、

  • 免疫力の低下
  • ガンなどの病気のリスクが高まる
  • 太りやすくなる

などの原因となってしまうので注意が必要だ。

3.発がんのリスクが高まる

睡眠不足だったり、体内時計が狂うと、メラトニンというホルモンの分泌量が少なくなる。

メラトニンの役割は主に次の2つだ。

  • 眠気を誘う
  • 抗酸化作用

メラトニンが減少すると、ガンなどの病気の原因である活性酸素が増えてしまう。

つまり、抗酸化作用が弱まってしまうので、発がんのリスクが高まってしまうということだ。

4.肥満率が高まる

睡眠不足だと、肥満率が73%も高まってしまうという研究データがある。

その理由は、

  • 睡眠不足だと食欲を抑制する物質(食欲抑制ホルモン)が減ってしまい、
  • 食欲を増加させる物質(食欲増加ホルモン)が増えてしまう

というものだ。

詳しくは下記ページをご確認頂きたい。

睡眠ダイエットで必ず結果を出すための12の秘訣

5.体中で炎症が起こりやすくなる

睡眠不足だと免疫力や防御力が低下するので、体中で炎症が起こりやすくなる。

例えば、

  • 口の中の粘膜に炎症が起これば口内炎
  • 肌に炎症が起これば炎症性ニキビ

といったものだ。

体中に炎症が起こりやすい方は睡眠不足の可能性が高いので、まずは普段の睡眠を見直そう。

6.うつになりやすい

睡眠不足は不安感や抑うつなどの情緒不安定を生じさせる。

これは、国立精神神経医療研究センターの研究グループによって明らかとなっていることだ。

近年、うつ病の方が増えてきているが、現代の日本人の睡眠時間が減少傾向にあることが原因の1つだと言える。

7.免疫力が弱まる

睡眠不足だと、睡眠中に分泌される様々なホルモンのバランスが乱れるので、免疫力が低下する。

免疫力が低下すると、

  • 風邪をひきやすくなる
  • 様々な病気にかかるリスクが高まる

などの悪影響が起こってしまう。

8.糖尿病のリスクが高まる

睡眠不足になると、インスリン(血糖値を下げるホルモン)の分泌量が少なくなってしまう。

そうなると、血液中の糖度が上昇してしまうので、糖尿病になるリスクが高まる。

9.脳を汚くする

私たち人間の体は睡眠中に、

  • 傷付いた脳細胞の修復
  • 損傷した神経部分の排除

といったことを行っている。

睡眠不足になると、脳細胞の修復や損傷した神経部分が排除されないので、その結果、脳を汚くしてしまう。

睡眠不足が続くと、脳がダメージを受け、いくら寝ても脳の修復が行われないといった状態になってしまうので注意が必要だ。

10.寿命を縮める

米カリフォルニア大学の研究によると、通常の睡眠時間が6.5〜7.4時間の人の死亡率が最も低いということが明らかとなっている。

短時間の睡眠で、毎日の寝不足が続くと、

  • 様々な病気にかかるリスクが高まる
  • 交通事故を起こりやすくなるなどの死亡リスクが高まる

つまり、睡眠不足が続くと寿命が縮まるということが言える。

11.ワクチンが効きにくくなる

睡眠時間が短いと、免疫を作る過程に悪影響を及ぼし、ワクチンが効きにくくなる。

インフルエンザなどの予防接種をしても、睡眠が短い人はワクチンの効果が弱まってしまう。

普段から睡眠時間をしっかりとるように心がけよう。

12.心臓病になりやすい

睡眠不足が続くと、慢性的なストレスが蓄積され、高血圧や動脈硬化を引き起こす。

その結果、心臓にかかる負担が大きくなり、心臓病になりやすくなってしまう。

13.骨を破壊する

過剰なストレスが溜まると、グルココルチコイドというホルモンが分泌される。

このホルモンは、体中のカルシウムの量を減少させてしまう作用がある。

不足したカルシウムを補うため、骨からカルシウムが溶け出し、その結果、骨密度が低下してしまう。

つまり、睡眠不足でストレスが溜まり続けると、骨を破壊するということだ。

14.頭痛や腰痛などの慢性痛を悪化させる

睡眠不足になると、

  • 自律神経が乱れる
  • 血管や筋肉が収縮してしまう
  • 血液の流れが悪くなる

その結果、頭痛や腰痛、首や肩こりを悪化させてしまう。

睡眠不足による頭痛は危険シグナル!手軽な9つの解消方法

15.ストレス適応能力が低下する

睡眠にはストレスを解消したり、緩和したりする効果がある。

しかし、睡眠不足になると、脳や体がしっかりと休息できないので、ストレスが蓄積される。

このストレスが続くと、高血糖になり、糖尿病になることもある。

16.体内時計が狂う

どんな人でも睡眠不足になれば体内時計は狂ってしまう。

体内時計が狂うと、

  • 生活習慣病や発がんのリスクが高まる
  • 寿命が縮まる
  • 太りやすくなる
  • ニキビや乾燥肌などの肌トラブルが起こりやすくなる

などの悪影響がある。

17.新陳代謝が悪くなる

睡眠不足に陥ると、血液の流れが悪くなり、新陳代謝が悪くなる。

新陳代謝が悪い=細胞の生まれ変わりのスピードが遅い!

ということなので、肌荒れや老化、抜け毛や切れ毛などの原因となってしまう。

18.目や耳、歯への悪影響

睡眠不足が続くと、目や耳、歯にも様々な悪影響が出てしまう。

  • ・・・ドライアイ、認識スピードの低下、コントラスト感度の低下、目の調節能力の低下、眼精疲労
  • ・・・聞こえにくくなる、耳鳴りがする、難聴になりやすい
  • ・・・歯周病、歯が抜けやすくなる

上記のような症状が出ないよう、普段からしっかりと睡眠をとろう。

19.高血圧を引き起こす

毎日の寝不足が続くと、

  • 血管の修復がしっかりと行われない
  • 血管や筋肉が収縮してしまう

という悪影響がある。

その結果、血液の流れが悪くなり、高血圧や動脈硬化を引き起こしてしまう。

20.不整脈を引き起こす

不整脈の原因の1つは睡眠不足によるものだ。

睡眠時間が短いと、

  • ストレスにより全身の筋肉が緊張し、心臓の規則的なリズムが乱れる
  • 高血圧の状態が続くので、心臓への負担が大きくなる

その結果、不整脈という症状が出てしまう。

21.自律神経の乱れ

私たち人間の体は、次の2つの自律神経が働いている

  • 交感神経・・・体温や脈拍、血圧が高まり、活動するのに適した体の状態
  • 副交感神経・・・休息、体の修復、リラックスしている体の状態

睡眠が乱れると、これらの自律神経も乱れてしまう。

自律神経が乱れると下記のような疾患の原因になりかねないので要注意だ。

  • 自律神経失調症・・・吐き気、多汗、倦怠感、頭痛、肩こり、手足のしびれ、動悸、不整脈、めまい、不眠などの症状が出る
  • 神経性胃炎・・・のどがつかえる、胸やけがする、胃が痛む、胃がもたれるなどの胃炎の症状が出る
  • 過敏性腸症候群・・・下痢や便秘などの症状
  • メニエール病・・・耳鳴りや難聴などが起こる
  • 過呼吸症候群(過換気症候群)・・・めまい、手足のしびれ、筋肉の緊張などの症状が出る

自律神経を正常に保つには、質の良い睡眠が必要不可欠である。

知らず知らずのうちに、普段の生活の中で、睡眠に悪影響を及ぼす悪習慣をしてしまっている方も多い。

下記のページの『2.睡眠の質が悪い人の10個の特徴と7つの悪習慣』をしっかりとチェックしておこう。

質の良い睡眠をとる方法、ご存知ですか?

22.脳卒中が起こりやすくなる

日々の寝不足は、血液の流れが悪くなるので、脳卒中の引き金となってしまう可能性がある。

高血圧、頭痛、首や肩こりの症状がある方は特に要注意だ。

睡眠不足による頭痛は危険シグナル!手軽な9つの解消方法

23.不健康な食事を誘発する

睡眠不足だと、脂質や炭水化物に対する欲求が高まる。

甘いもの、塩辛いもの、お菓子やジャンクフードに思わず手が伸びてしまう方は、普段の睡眠が影響しているケースが非常に多い。

ダイエットには健全な食生活が必要不可欠である。

正しい睡眠をとることで不健康な食事や暴飲暴食などを抑えることができる。

睡眠ダイエットで必ず結果を出すための12の秘訣

24.睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群になると、睡眠時に呼吸ができなくなり、睡眠が中断される。

再び眠ろうとしても、また呼吸が止まってしまうので、深い睡眠ができなくなってしまう。

この病気は、高血圧や動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病を引き起こす危険なものとなっている。

25.脂質異常症

脂質異常症とは、血液中のコレステロールや中性脂肪などの脂質が必要量以上になり、血管の壁にコレステロールがたまり、血管の内腔が狭くなってしまう病気のことである。

簡単に言うと、血液の流れが悪くなってしまうということだ。

これは、睡眠不足やストレス、過食などが原因となっている。

睡眠時間が短いほど、総コレステロール値が上昇するというデータがある。

普段から正しい睡眠を行い、脂質異常症を予防しよう。

26.めまい

めまいの主な原因は、

  • 脳や体の疲労
  • ストレスや不規則な生活

というものだ。

頻繁にめまいが起こるという方は特に、質の良い睡眠を心がけよう。

質の良い睡眠をとる方法、ご存知ですか?

27.頭痛

簡単に言うと、睡眠不足による頭痛は、

  • 筋肉の緊張による血行不良
  • 自律神経の乱れ

この2つが主な原因となっている。

詳しい解説と改善方法については下記のページでご確認頂きたい。

睡眠不足による頭痛は危険シグナル!手軽な9つの解消方法

28.吐き気

睡眠不足による吐き気は、脳や体が休息を求めている!という危険なサインでもある。

吐き気の原因を紐解いていくと、

  • 睡眠不足
  • 睡眠の質が悪い

という2つに分類される。

その詳細と、今すぐできる対処法については下記のページをご参考頂きたい。

睡眠不足の吐き気は危険なサイン!今すぐできる対処法3選

29.下痢

腸の働きは自律神経の影響を受けている。

寝不足だったり睡眠の質が悪かったりすると、自律神経が乱れてしまうので、腸のの働きを悪くする。

その結果、下痢という症状が起こりやすくなってしまう。

また、腸の働きが悪いと免疫力低下に繋がり、体調不良や病気にかかるリスクも高まってしまうので要注意だ。

30.首や肩こり

寝不足だったり睡眠の質が悪かったりすると、

  • 血液の流れが悪くなってしまう
  • 自律神経が乱れて筋肉が緊張してしまう

といった理由で首や肩こりに繋がる。

首や肩こりは、頭痛や吐き気などの原因ともなっているので要注意な症状だ。

手軽な改善方法としては『ツボ押し』が効果的だ。

不眠を解消する8つのツボ-分かりやすい図解入り!

31.遺伝子がダメージを受ける

睡眠不足だと、700以上の遺伝子がダメージを受けるということが英サリー大学の研究で明らかとなっている。

遺伝子がダメージを受けると、

  • 体内時計が狂う
  • 新陳代謝が悪くなる
  • ストレス適応力や免疫力の低下
  • 肥満率が高まる
  • 心臓病などの病気のリスクが高まる

などの様々な悪影響がある。

32.ホルモンバランスを崩す

睡眠が乱れると、下記のような様々なホルモンバランスが崩れてしまう。

  • レプチン・・・満腹感をもたらすホルモン
  • グレリン・・・食欲を感じるホルモン
  • 女性ホルモン・・・肌のハリやツヤ、女性らしさ等を向上させるホルモン
  • 成長ホルモン・・・疲労回復や細胞の修復などを行うホルモン

特に、成長ホルモンは、美容や健康においては重要な役割を担っている。

質の良い睡眠をとることで、様々なメリットを受けることができる。

睡眠ダイエットで必ず結果を出すための12の秘訣

33.生理不順

睡眠は脳や体の疲労やストレスを解消するには欠かせないものだ。

睡眠不足になると、

  • 疲れやストレスが解消されない
  • ホルモンバランスが乱れる

といったことになるので、生理不順なってしまう。

毎日の寝不足や、不規則な生活、不健全な食事などは生理不順を引き起こす大きな要因となっているので、普段から質の良い睡眠を心がけよう。

質の良い睡眠をとる方法、ご存知ですか?

34.女性ホルモンの分泌が乱れる

女性ホルモンは、肌や髪をきれいにしたり女性らしさを保つには欠かせないものだ。

しかし、睡眠の質が悪かったり寝不足だと、女性ホルモンの分泌量が減少してしまう。

毎日の睡眠時間を最適化し、普段から質の良い睡眠をとろう。

あなたの睡眠時間を最適化するための簡単3ステップ

35.精子が25%も少なくなる

睡眠の質が悪かったり睡眠不足だと、

  • 精子の数が25%も少なくなる
  • 形態的に正常な精子の数が少ない

ということが南デンマーク大学の研究で明らかとなっている。

睡眠は精子の質と量の両方に作用することが言える。

普段から仕事が忙しいという方は、毎日、しっかりと睡眠時間をできないというケースも多いかと思う。

そんな時は、休日にしっかりと寝て、日頃の睡眠不足を解消しよう。

実は、日頃の睡眠不足は、休日にしっかりと寝ることで精算することができるのだ。

睡眠不足の解消方法~今までの常識を覆す新事実~

36.貧弱になる

睡眠中に分泌される成長ホルモンなどの様々な作用によって、

  • 細胞の修復
  • 筋肉量の増加
  • 骨を丈夫にする

といったことを私たちの身体は睡眠時に行っている。

つまり、睡眠が不足すると上記のような作用が弱まるので、身体は貧弱になっていく。

健康的な身体であるためには普段の睡眠から見直すことが重要だ。

37.交通事故で死亡するリスクを高める

あなたに必要な睡眠時間よりも普段の睡眠時間が短い場合、交通事故で死亡するリスクを高めることになってしまう。

睡眠不足だと、

  • 脳や体の疲労の蓄積
  • 集中力や判断力の低下
  • 注意力散漫になり、ミスや事故を起こしやすくなる

といったことになるので、交通事故のリスクが高まる。

例えば、

あなたに必要な睡眠時間-普段の睡眠時間=2時間の睡眠不足

の場合、アルコールに換算すると1000ml以上のお酒を飲んでいる状態と同じだ。(体重60キロの成人男性)

人によって最適な睡眠時間は異なるので、まずはあなたにピッタリな睡眠時間を見つけ、その時間を確保できるよう毎日睡眠をとろう。

あなたの睡眠時間を最適化するための簡単3ステップ

健康以外への影響

このページでは睡眠不足による健康への影響についてご紹介しているが、他にも様々な悪影響がある。

  • 日常生活への21の影響
  • 美容(肌や髪)への5つの影響
  • 子どもへの6つの影響

健康以外への影響についても下記のページでしっかりと確認しておこう。

睡眠不足の影響【全68項目まとめ】

寝不足の症状で必ず知っておきたい20のこと【日常生活編】

睡眠不足が及ぼす肌や髪への5つの悪影響【美容編】

睡眠不足が及ぼす6つの悪影響【子ども編】

睡眠不足にならないために必要なこと

これまでの説明で、睡眠不足は様々な悪影響を及ぼすということがご理解頂けたかと思う。

睡眠不足の症状が出ないようにするには、普段の睡眠を見直すことが重要だ。

普段から睡眠不足にならないために必要なことは、

  • 睡眠時間の最適化
  • 質の良い睡眠

この2つだけだ。

下記の4つのページをしっかりと読んで、『睡眠時間の最適化』と『質の良い睡眠』についての理解を深めよう。

 

※重要!!

厚生労働省が発表している通りだが、現代の日本人の”約80%は何かしらの睡眠に対する悩み”を抱えている。

今、この記事をご覧のあなたも、その中の1人ではないだろうか?

もし、何かしらの睡眠に対する悩みを抱えているなら、【快眠グッズおすすめ】実際に使って効果が出た4つの商品のページを確認しておこう。

スクリーンショット (219)

【マジックボール空気清浄機】

スクリーンショット (220)

【光目覚まし時計inti】

スクリーンショット (110)

【スリープドクターズピロー】

スクリーンショット (201)

【グッスミン酵母のちから】

「何かしらの睡眠に対する悩みを抱えている!!」

という方だけ下記のページをご確認下さい。

images113

【快眠グッズおすすめ】実際に使って効果が出た4つの商品

 

まとめ

睡眠不足の症状で特に気を付けたい37のこと【健康編】

  • 疲労回復力の低下
  • 基礎体温の低下
  • 発がんのリスクが高まる
  • 肥満率が高まる
  • 体中で炎症が起こりやすくなる
  • うつになりやすい
  • 免疫力が弱まる
  • 糖尿病のリスクが高まる
  • 脳を汚くする
  • 寿命を縮める
  • ワクチンが効きにくくなる
  • 心臓病になりやすい
  • 骨を破壊する
  • 頭痛や腰痛などの慢性痛を悪化させる
  • ストレス適応能力が低下する
  • 体内時計が狂う
  • 新陳代謝が悪くなる
  • 免疫力が低下する
  • 目や耳、歯への悪影響
  • 不整脈を引き起こす
  • 自律神経の乱れ
  • 脳卒中が起こりやすくなる
  • 不健康な食事を誘発する
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 脂質異常症
  • めまい
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 下痢
  • 首や肩こり
  • 遺伝子がダメージを受ける
  • ホルモンバランスを崩す
  • 生理不順
  • 女性ホルモンの分泌が乱れる
  • 精子が25%も少なくなる
  • 交通事故で死亡するリスクを高める
  • 貧弱になる

睡眠不足は健康に対して様々な悪影響を及ぼす。

上記のような症状が起こらないように、普段から『睡眠時間の最適化+質の良い睡眠』を実践しておこう。

 

images113

※次のページ【快眠グッズおすすめ】実際に使って効果が出た4つの商品

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加