睡眠

睡眠不足の吐き気は危険なサイン!今すぐできる対処法3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
images80

睡眠不足に陥ると、脳や体は休息を求め、何らかのサインを出す。

様々な症状があるが、その中でも特に見逃せないのが、吐き気だ。

この記事をご覧のあなたは、

  • 睡眠不足による吐き気に苦しんでいる
  • 吐き気の原因は何なのか?
  • 今すぐできる対処法はないのか?

と思われていることだろう。

そこで今回は、『今すぐできる!睡眠不足による吐き気の3つの対処法』をご紹介する。

この記事を最後まで読めば、睡眠不足による吐き気の原因と対処法を理解することができる。

また、『睡眠不足による吐き気を未然に防ぐための方法』についてもご紹介しているので、こちらも合わせてご参考頂きたい。

1.睡眠不足による吐き気の原因

睡眠の一番の目的は、脳や体をしっかりと休ませることである。

脳や体がしっかりと休めていない場合、吐き気や頭痛などの症状が出てくる。

この症状は、言わば、脳や体が休息を求めている!という危険なサインでもある。

睡眠不足による吐き気の原因を紐解いていくと、

  • 睡眠不足
  • 睡眠の質が悪い

という2つに分類される。

1-1.睡眠不足

当たり前のことだが、あなたに必要な睡眠時間よりも、普段の睡眠時間が短い場合、睡眠不足になる。

睡眠不足になると、脳や体がしっかりと回復できず、免疫力が低下する。

体の各機能が低下したり、バランスが崩れてしまうので、

  • 吐き気
  • 頭痛
  • めまい
  • 下痢や腹痛、胃痛
  • 寒気や動悸、立ちくらみ
  • 疲れ、貧血、ストレスが溜まる

などの症状が現れるのだ。

このような症状が現れたら、あなたは睡眠不足だ!というサインでもあるので、しっかりと睡眠をとって脳や体を休ませる必要がある。

1-2.睡眠の質が悪い

また、睡眠時間をしっかりととっているにも関わらず、吐き気や頭痛などの症状が出る方は、睡眠の質が悪い可能性が非常に高い。

寝るときに、脳や体が、

  • リラックスできていない
  • 興奮状態や緊張状態のまま

そうなると睡眠の質は悪くなってしまう。

睡眠の質が悪くなると、

  • 睡眠が浅く、熟睡できない
  • 脳や体の回復がしっかりと行われない

となってしまう。

しっかりと睡眠をとっているのに、吐き気や頭痛などの症状が出てしまう方は、睡眠の質が悪い!というサインでもある。

1-3.放置しておくのは危険!

睡眠不足による吐き気や頭痛などの症状をそのまま放置するのは危険だ。

睡眠不足がこのまま続くと、

  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 肥満
  • ガンなどの生活習慣病

などになる可能性が高まってしまう。

※参照ページ ⇒『睡眠不足の影響-全68項目をまとめてみた!

従って、睡眠不足をこのまま続けるのは危険であり、早急に改善する必要がある。

これからご紹介する『今すぐできる!3つの吐き気対処法』をしっかりと理解して実践しよう。

2.今すぐできる!3つの吐き気対処法

睡眠不足による吐き気の対処法はないのか・・・?とお困りの方もいらっしゃるかと思うので、『今すぐできる!3つの吐き気対処法』をご紹介する。

対処法は次の3つだ。

  • 刺激物の摂取は避ける
  • 仮眠や昼寝をとる
  • ツボ押し

では、順番に解説していこう。

2-1.刺激物の摂取は避ける

睡眠不足だと、体の各機能は低下するので、胃腸も弱くなっている状態だ。

そんなときに胃に刺激物を入れるのは吐き気の症状を悪化させる原因となってしまう。

吐き気の症状があるときは、

  • コーヒー(カフェイン)
  • アルコール類
  • 炭酸飲料水
  • 辛いもの

などの刺激物はなるべく摂取しないようにしよう。

逆に、胃腸に負担をかけない食べ物や飲みものを摂取するのが効果的だ。

例えば、

  • お粥や雑炊、うどん
  • 豆腐や野菜スープ、
  • 白湯(さゆ)、スポーツドリンク

といったものは胃腸にやさしいので、吐き気がするときにはこれらを摂取するのが効果的だ。

※チェック!

ちなみに、白湯を飲むことはダイエットに非常に効果的だ。白湯ダイエットで得られる3つの効果や簡単なやり方を紹介しているので、まだ読んでいない方は『白湯ダイエットを成功させるために必要な知識と実践方法』のページを必ずチェックしておこう!

2-2.仮眠や昼寝をとる

睡眠不足による吐き気は、寝不足によって脳や体がしっかりと休めていないことが原因だ。

仮眠や昼寝をすることで睡眠不足による吐き気の症状は緩和することができる。

ほんの数十秒でも構わないので、少しの間、目を閉じてみよう。

マイクロスリープといって、これだけでも脳を休ませることができるので、吐き気の対処法としてはお勧めの方法だ。

仮眠や昼寝をする際の注意点は、

  • 横になって寝ないこと
  • 20分以内にすること

ということだ。

なぜなら、横になったり、20分を超える仮眠や昼寝をしてしまうと、脳や体が入眠状態に入ってしまうため、疲労感が増してしまうからだ。

座ったままの状態や立ったままの状態で、少しの間だけ目を閉じて、脳を休ませよう。

2-3.ツボ押し

最後にご紹介するのが、ツボ押しという対処法だ。

ツボ押しをすることで、吐き気の原因でもある脳や体の疲労を回復させることができる。

寝る前だけでなく、日中にツボ押しをしても吐き気を緩和するには効果的なので、実践してみよう。

ツボの位置や押し方などは、下記のページで詳しく説明しているので、こちらをご参考頂きたい。

⇒『不眠を解消する8つのツボ-分かりやすい図解入り!

3.睡眠不足による吐き気を未然に防ぐために

ここまでの説明で、

  • 睡眠不足による吐き気の原因
  • 今すぐできる!3つの吐き気対処法

についてはご理解頂けたかと思う。

ここからは、『睡眠不足による吐き気を未然に防ぐ方法』をご紹介していく。

吐き気や頭痛などの症状が出てから対処するのではなく、普段から睡眠不足にならないようにするのがベストだ。

そこで、睡眠不足を未然に防ぐために必要な

  • 睡眠時間の最適化
  • 質の良い睡眠

という内容について詳しく解説していくので、しっかりと読み進めて頂きたい。

3-1.あなたの睡眠時間を最適化しよう!

まず、初めに理解しておきたいことは、あなたに最適な睡眠時間を知る!ということだ。

なぜなら、脳や体をしっかりと回復させるのに必要な睡眠時間は、人それぞれで異なるからだ。

あなたはご自身の睡眠時間を決める際に、

  • 平均睡眠時間
  • 周りの人の睡眠時間

を参考にしているのではないだろうか。

それは、あなたの脳や体をしっかりと回復させるのに必要な睡眠時間とは限らない。

例えば、

  • あなたは7時間睡眠が最適だ!と思って毎日寝ている
  • しかし、あなたに最適な睡眠時間は本当は8時間だった

この場合、毎日1時間の睡眠が不足することになる。

これが積もり積もって、睡眠不足に陥り、体の各機能が低下し、吐き気や頭痛などの症状が起こってしまう。

つまり、自分でも自覚がなく、知らず知らずのうちに睡眠不足になっていた・・・というケースもあるというわけだ。

従って、まずはあなたに最適な睡眠時間を見つける必要があるので、下記のページを参考にして、あなたにピッタリな睡眠時間を見つけよう。

⇒『あなたの睡眠時間を最適化するための簡単3ステップ

3-2.休日にしっかりと寝て日頃の睡眠不足を解消する

あなたに最適な睡眠時間が分かったら、毎日、その睡眠時間を確保できるよう寝るのがベストだ。

しかし、仕事や日々の生活が忙しかったりすると、本来の必要な睡眠時間よりも短くなってしまうことはよくあることだ。

そこでお勧めな方法が、休日にしっかりと寝て、日頃の睡眠不足を解消する!というものだ。

あまり知られていないことかもしれないが、実は、休日にしっかりと寝ることで今までの睡眠不足は精算することができるのだ。

詳しくは下記のページをご覧頂きたい。

⇒『睡眠不足の解消方法~今までの常識を覆す新事実~

3-3.質の良い睡眠をとろう!

普段からしっかりと寝ているのに、

  • 目覚めが悪い
  • 体がだるい、疲れが取れない
  • 日中にも眠気を感じる
  • 集中力が続かない
  • やる気が出ない
  • 吐き気や頭痛などの症状がある

という方は、睡眠の質が悪い可能性が非常に高い。

睡眠の質が悪いと、脳や体の回復がしっかりと行われないので、上記のような様々な症状が出てくる。

質の良い睡眠をとるには、

  • 副交感神経を優位にして、リラックスした状態で寝ること
  • 寝室の空気をきれいにすること

が必要である。

下記のページで『質の良い睡眠をとるための12の方法』をご紹介しているので、しっかりと確認しておこう。

⇒『質の良い睡眠をとる方法、ご存知ですか?

3-4.睡眠の質を高めるために最も重要なこと

睡眠の質を高めるために最も重要なことは、寝室の空気をきれいにすることだ。

なぜなら、睡眠中に吸っている空気の質が睡眠の質を左右しているからだ。

睡眠中に吸っている空気がきれいであれば、短時間の睡眠でも脳や体をしっかりと回復させることができる。

しかし、寝室の空気は、

  • 室外に比べて約10倍も汚い
  • ダニやノミ、ホコリなどのハウスダストで充満している

というのが現状だ。

詳細と改善方法については下記のページでしっかりとご確認頂きたい。

⇒『睡眠の質を高める方法で最も重要なたった1つのこと

 

※重要!!

厚生労働省が発表している通りだが、現代の日本人の”約80%は何かしらの睡眠に対する悩み”を抱えている。

今、この記事をご覧のあなたも、その中の1人ではないだろうか?

もし、何かしらの睡眠に対する悩みを抱えているなら、【快眠グッズおすすめ】実際に使って効果が出た4つの商品のページを確認しておこう。

スクリーンショット (219)

【マジックボール空気清浄機】

スクリーンショット (220)

【光目覚まし時計inti】

スクリーンショット (110)

【スリープドクターズピロー】

スクリーンショット (201)

【グッスミン酵母のちから】

「何かしらの睡眠に対する悩みを抱えている!!」

という方だけ下記のページをご確認下さい。

images113

【快眠グッズおすすめ】実際に使って効果が出た4つの商品

 

まとめ

今回の内容を簡単にまとめると下記のようになる。

吐き気の原因

  • 睡眠不足
  • 睡眠の質が悪い

今すぐできる!睡眠不足による吐き気の3つの対処法

  • 刺激物の摂取は避ける
  • 仮眠や昼寝をとる
  • ツボ押し

睡眠不足による吐き気を未然に防ぐ方法

  • 睡眠時間の最適化
  • 質の良い睡眠

睡眠不足による吐き気は、脳や体が休息を求めているサインだ。

普段からの睡眠を見直し、しっかりと脳や体を休ませよう。

 

images113

※次のページ【快眠グッズおすすめ】実際に使って効果が出た4つの商品

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加