睡眠

寝るだけダイエットの効果で得られる15のメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
images9

寝るだけダイエットは、ダイエット効果があるだけではなく、美容や健康においても様々な効果がある。

だが、寝るだけダイエットについて詳しく知らない方は、次のようなことを思われているのではないだろうか。

  • なぜ寝るだけでダイエット効果があるのか?
  • 寝るだけでダイエットになる・・・そんな夢のような話があるのか?
  • 寝るだけダイエットは具体的にどのような効果があるのか?

もちろん、普通に寝るだけではダイエットの効果は得られない。

しかし、睡眠の質を高め、質の良い睡眠をとれば、寝るだけダイエットの効果が本当に得られる。

寝るだけダイエットの効果で得られるメリットは下記の15個だ。

  • 脂肪分解=1ヶ月で約1㎏減!
  • 基礎代謝量アップ
  • 太らない体質になる
  • 記憶力アップ
  • 免疫力が高くなる
  • 体の細胞の修復や回復
  • 疲労回復力が高まる
  • 朝の目覚めが良くなる
  • アンチエイジング効果
  • 肌がきれいになる
  • 骨や筋肉の発達
  • バストアップ効果
  • ストレスの軽減
  • 血液の流れが良くなる
  • 育毛効果

このように、寝るだけダイエットは、ダイエット効果があるだけではなく、美容や健康においても効果的だ。

この記事を最後まで読めば、寝るだけダイエットを正しく実践すると、美容・健康においても様々な効果が得られる!ということが理解できる。

では、順番に解説していこう。

1.なぜ寝るだけでダイエット効果があるのか?

寝るだけダイエットを正しくすると、月1kg減の効果がある。

もちろん、寝るだけダイエットを正しく実践していない人は、その効果を得られていないので誤解しないように。

では、なぜ寝るだけダイエットをすると月1kg減の効果があるのかを説明していこう。

1-1.成長ホルモン=痩せホルモン!

寝るだけダイエットを正しく実践すると、睡眠中に成長ホルモンが分泌される。

この成長ホルモンは痩せホルモンとも言われていて、脂肪を燃焼してくれる効果がある。

痩せホルモンが一日に消費してくれるのは300kcal。

つまり、一日に300kcal消費=30g減の効果があるので、1ヶ月で約1kg減の効果があるわけだ。

ちなみに、300kcal消費するのには1時間ジョギングするぐらいの運動が必要だ。

毎日、1時間のジョギングを1ヶ月続けるよりも、寝るだけダイエットを正しく実践する方が得策で現実的である。

2.寝るだけダイエットの効果で得られる15のメリット

寝るだけダイエットは睡眠中に分泌される成長ホルモンを利用したダイエットである。

寝るだけダイエットの効果で得られるメリットは下記の15個だ。

  • 脂肪分解=1ヶ月で約1㎏減!
  • 基礎代謝量アップ
  • 太らない体質になる
  • 記憶力アップ
  • 免疫力が高くなる
  • 体の細胞の修復や回復
  • 疲労回復力が高まる
  • 朝の目覚めが良くなる
  • アンチエイジング効果
  • 肌がきれいになる
  • 骨や筋肉の発達
  • バストアップ効果
  • ストレスの軽減
  • 血液の流れが良くなる
  • 育毛効果

では、順番に解説していこう。

2-1.脂肪分解=1ヶ月で約1㎏減!

寝るだけダイエットを正しく実践すると、脂肪を分解する効果がある。

先程の1-1の説明の通り、痩せホルモン(成長ホルモン)を多く分泌させることによって、1ヶ月で約1㎏減の効果を得ることができる。

睡眠中に分泌される痩せホルモン(成長ホルモン)は、強力な脂肪分解作用があるということが判明している。

脂肪分解=脂肪細胞に蓄積された体脂肪が分解される!

つまり、寝るだけダイエットを正しく実践すると、睡眠中に自然と脂肪を分解する効果があるわけだ。

2-2.基礎代謝量アップ

寝るだけダイエットを正しく実践すると、成長ホルモン(痩せホルモン)によって基礎代謝量がアップする。

基礎代謝量とは、人間が生きていくうえで必ず消費されるエネルギーであり、消費される全エネルギー量の約70%を占めている。

つまり、ダイエットには基礎代謝量をアップするということが重要だ。

基礎代謝量は成長ホルモン(痩せホルモン)の分泌量に深い関係がある。

寝るだけダイエットを正しく実践すると、この成長ホルモンが多く分泌されるので、基礎代謝量がアップする。

2-3.太らない体質になる

太りにくい体質になるには、基礎代謝量をアップさせることが重要だ。

基礎代謝量は年齢とともに低下していくものだ。

※基礎代謝量のピーク

  • 男性・・・17歳
  • 女性・・・14歳

しかし、先ほど2-2で説明したように、基礎代謝量は成長ホルモンを多く分泌させることによってアップすることができる。

成長ホルモンの分泌量アップ⇒基礎代謝量アップ⇒太らない体質になる!

ということなので、寝るだけダイエットは太らない体質を作るのに効果的だ。

※注目!!

もし、このページをご覧のあなたが、

ダイエットしたい!

血糖値が気になる!

太らない体質にしたい!

と思われているなら、『低GI値の食品が一目瞭然!ジャンル別に一覧でご紹介!』のページを確認しておこう。

なぜなら、低gi値の食品を中心に食事をすることで、

ダイエット効果がある!

血糖値の上昇が緩やかになる!

太らない体質にすることができる!

といったメリットがあるからだ。

詳細については下記のページでご確認頂きたい。

images111
⇒【低GI値の食品が一目瞭然!ジャンル別に一覧でご紹介!

2-4.記憶力アップ

記憶力アップには睡眠は欠かせない。

実は、睡眠中に分泌される成長ホルモンには記憶力をアップさせる効果があるのだ。

年齢とともに記憶力は低下していくもので、物忘れが多くなってしまいがちだ。

睡眠の質を高め、質の良い睡眠をとることで、記憶力がアップし、物忘れも改善される。

2-5.免疫力が高くなる

成長ホルモンは免疫力を高める効果がある。

睡眠不足だったり、睡眠の質が悪かったりすると、免疫力が低下する。

理由は、睡眠の質の低下によって、成長ホルモンが十分に分泌されないからだ。

免疫力が低下すると、風邪をひきやすくなったり、ウィルスに感染しやすくなってしまう。

寝るだけダイエットは成長ホルモンの分泌量を増やし、免疫力を高める効果がある。

2-6.体の細胞の修復や回復

寝るだけダイエットを正しく実践すると、成長ホルモンが多く分泌される。

成長ホルモンは、睡眠中に、日頃の生活の中で傷ついた体の細胞を修復・回復する効果がある。

この効果は、後述する下記のことに重要な役割を担っている。

  • 疲労回復力が高まる
  • 朝の目覚めが良くなる
  • アンチエイジング効果
  • 肌がきれいになる

2-7.疲労回復力が高まる

疲労回復には睡眠は欠かせない。

睡眠の質を高めることによって、成長ホルモンが多く分泌され、疲労回復力も高めることができる。

質の良い睡眠をとると疲れが取れるのは、成長ホルモンが睡眠中に、傷ついた細胞を修復してくれているからだ。

成長ホルモンの分泌量が多い=疲労回復力が高い!

つまり、睡眠の質を高める寝るだけダイエットは、疲労回復力を高めることができる。

2-8.朝の目覚めが良くなる

睡眠の質を高め、質の良い睡眠をとれば、朝の目覚めが良くなる。

理由は、成長ホルモンが睡眠中に、傷ついた細胞を修復してくれたり、脳の疲労回復をしてくれているからだ。

しかし、寝不足だったり、睡眠の質が悪かったりすると、傷ついた細胞を完全に修復することができず、疲労を完全に回復できない。

その結果、朝の目覚めが悪い・・・ということになってしまう。

寝るだけダイエットを正しく実践すれば、朝の目覚めは格段に良くなる。

2-9.アンチエイジング効果

寝るだけダイエットを正しく実践すると、睡眠の質を高めることができる。

そして、成長ホルモンが多く分泌されることによって、アンチエイジング効果があるということがアメリカの臨床試験で分かっている。

具体的なアンチエイジング効果は下記の通りだ。

  • 身体の機能や外見的な若返り
  • 体脂肪や体重の減少
  • 筋肉や骨密度の増加
  • 皮膚の弾力性アップ
  • 皮膚のたるみ、シワの減少
  • 育毛効果
  • 視力の改善
  • 精力や気力の向上
  • 免疫力の向上
  • 集中力や記憶力、認識力の向上
  • 血中コレステロールの改善
  • 血圧低下
  • 平均寿命アップ

質の良い睡眠は、美容や健康においては欠かせないのはご存じの通りだ。

成長ホルモンは、若返りホルモンとも言われている。

寝るだけダイエットを正しく実践すると、成長ホルモンが多く分泌されるので、上記のようなアンチエイジング効果を得ることができる。

2-10.肌がきれいになる

寝るだけダイエットは、肌のターンオーバー(新陳代謝)を促進させ、肌をきれいにする効果がある。

「睡眠不足の翌日は、肌の調子が悪く、肌荒れや肌トラブルがおこっていた・・・」

このようなことは多くの方が経験されていることだろう。

その原因は、睡眠の質が悪かったため、成長ホルモンの分泌量が少なかったからだ。

成長ホルモンは、睡眠中に肌のターンオーバーを促し、傷ついた細胞を修復したり、再生したりしてくれている。

つまり、睡眠の質を高め、成長ホルモンを多く分泌させることで、肌をきれいにする効果があるわけだ。

2-11.骨や筋肉の発達

寝る子は育つ!という言葉の通り、成長ホルモンは骨や筋肉の発達に重要な役割を担っている。

成長ホルモンは睡眠中に多く分泌されているので、睡眠中に骨や筋肉が発達している。

成長期の頃、「成長痛がひどくて眠れない・・・」という経験をされた方もいるだろうが、その理由がこれだ。

成長期を過ぎると、成長ホルモンの分泌量は減少するが、睡眠の質を高めることで成長ホルモンの分泌量を増やすことができる。

  • 骨の発達⇒骨密度アップ!
  • 筋肉の発達⇒基礎代謝量アップ!

寝るだけダイエットを正しく実践すると、骨や筋肉の発達によって、骨密度や基礎代謝量アップの効果がある。

2-12.バストアップ効果

これは理想的なバストを手に入れたい女性の方には嬉しい情報だ。

寝るだけダイエットは睡眠の質を高めることで成長ホルモンを多く分泌させる。

実は、この成長ホルモンには、バストアップの効果があるのだ。

乳腺には、ラクトゲン受容体という組織があり、それに成長ホルモンが作用することで、バストアップの効果がある。

成長ホルモンが分泌されるピークは13~17歳だ。

成長期を過ぎると成長ホルモンは減少してしまうのだが、寝るだけダイエットを正しく実践すれば、成長ホルモンの分泌量を増やすことができる。

つまり、成長期を過ぎてもバストアップすることができるのだ。

バストアップには、質の良い睡眠で成長ホルモンを多く分泌させることが重要だ。

2-13.ストレスの軽減

日頃のストレスが溜まっている人は、睡眠の質が悪い場合が多い。

なぜなら、ストレスは脳の疲労からくるものだからだ。

普段の睡眠の質が悪いため、脳をしっかりと休ませることができていない。

しかし、睡眠の質を高め、質の良い睡眠をとることで、脳をしっかりと休ませることができる。

その結果、日頃のストレスを軽減させることができるわけだ。

睡眠不足や睡眠の質が悪いことは、うつ病や精神疾患の原因の1つになっている。

日頃のストレスを溜め込まないように、質の良い睡眠を心がけよう。

2-14.血液の流れが良くなる

寝るだけダイエットを正しく実践すると、血液の流れが良くなる。

睡眠不足だったり、睡眠の質が悪かったりすると、血管が収縮した状態が長時間続くので、血液の流れが悪くなってしまう。

血液の流れが悪くなると、美容や健康、ダイエットに次のようなマイナス効果が出てくる。

  • 肩や腰、関節の痛み
  • 冷え
  • 基礎代謝の低下
  • 肌荒れ
  • 顔や足のむくみ
  • 生活習慣病、脳梗塞や脳内出血のリスクが高まる

血行は健康のバロメーターとも言われている。

寝るだけダイエットを正しく実践すると、睡眠の質を高め、血液の流れを良くする効果がある。

従って、上記のようなマイナス効果を改善することができる。

2-15.育毛効果

成長ホルモンは、髪の毛の成長を促進させる効果がある。

なぜなら、成長ホルモンによって、毛母細胞を活性化されるからだ。

成長ホルモンは脳や体の細胞修復・再生をしてくれるのだが、人間の生命維持に重要な部分から作用していく。

脳や内臓(心臓や肺など)から、細胞の修復や再生が行われるので、人間の生命維持に重要でない髪の毛や爪、肌の修復・再生は後回しになってしまっている。

しかし、睡眠の質を高め、成長ホルモンを多く分泌させることによって、後回しにされていた髪の毛や爪、肌にも成長ホルモンが作用される。

つまり、寝るだけダイエットを正しく実践と、育毛効果があるというわけだ。

3.寝るだけダイエットのやり方

寝るだけダイエットのやり方は簡単だ。

寝るだけダイエットでは成長ホルモンを多く分泌させることが必要である。

この成長ホルモンを多く分泌させるには、睡眠の質を高め、質の良い睡眠をとればよいだけだ。

質の良い睡眠=痩せる!

睡眠の質を高め、質の良い睡眠をとるには、下記の3つのポイントを理解しておこう。

3-1.質の良い睡眠

成長ホルモンを多く分泌させるには、質の良い睡眠をとることが必要である。

質の良い睡眠をとるために必要なことは下記の通りだ。

  • 目覚めに太陽の光をあびる
  • カフェイン、アルコールを控える
  • 遅い時間の運動は控える
  • 夕食は炭水化物(糖質)を控える
  • 食事は寝る3時間前までに済ませる
  • 寝る1時間前に38~40℃のお湯に浸かって入浴
  • 寝る1時間前はテレビや携帯電話を見ないようにする。
  • 寝る前に体を温めるドリンクを飲む
  • 部屋を暗くして寝る

※参照ページ:『寝るだけダイエットのやり方で知っておくべき18のこと

3-2.寝るだけダイエットに適切な睡眠時間

寝るだけダイエットに適切な睡眠時間については次の通りだ。

  • 成長ホルモンは22時~夜中3時までが最も分泌されやすい
  • ダイエットに理想の睡眠時間は7時間前後

成長ホルモンが最も多く分泌されるのが22時~3時なので、夜中の3時までには寝ておくことが重要だ。

また、寝るだけダイエットに効果的な睡眠時間は7時間前後がベストだ。

睡眠不足だと肥満率が高くなってしまう・・・という研究データもあるので、睡眠は7時間ぐらいはとるようにしよう。

3-3.睡眠の質を高める方法

睡眠の質を高める方法で最も重要なことは、寝室の空気をきれいにする!ということだ。

質の良い睡眠をとるには、寝室の空気がきれいだということが必要不可欠である。

寝室の空気は、室外の空気に比べて約10倍も汚い。

理由は、寝室の空気はダニやノミ、ホコリといったハウスダストで充満しているからだ。

改善方法については下記のページで詳しく解説している。

参照ページ:『睡眠を高める方法で最も重要なたった1つのこと

 

※重要!!

厚生労働省が発表している通りだが、現代の日本人の”約80%は何かしらの睡眠に対する悩み”を抱えている。

今、この記事をご覧のあなたも、その中の1人ではないだろうか?

もし、何かしらの睡眠に対する悩みを抱えているなら、【快眠グッズおすすめ】実際に使って効果が出た4つの商品のページを確認しておこう。

スクリーンショット (219)

【マジックボール空気清浄機】

スクリーンショット (220)

【光目覚まし時計inti】

スクリーンショット (110)

【スリープドクターズピロー】

スクリーンショット (201)

【グッスミン酵母のちから】

「何かしらの睡眠に対する悩みを抱えている!!」

という方だけ下記のページをご確認下さい。

images113

【快眠グッズおすすめ】実際に使って効果が出た4つの商品

 

まとめ

寝るだけダイエットの効果で得られるメリットは下記の15個だ。

  • 脂肪分解=1ヶ月で約1㎏減
  • 基礎代謝量アップ
  • 太らない体質になる
  • 記憶力アップ
  • 免疫力が高くなる
  • 体の細胞の修復や回復
  • 疲労回復力が高まる
  • 朝の目覚めが良くなる
  • アンチエイジング効果
  • 肌がきれいになる
  • 骨や筋肉の発達
  • バストアップ効果
  • ストレスの軽減
  • 血液の流れが良くなる
  • 育毛効果

もちろん、普通に寝ているだけでは寝るだけダイエットの効果は得られない。

睡眠の質を高め、質の良い睡眠をとることで、成長ホルモン(痩せホルモン)が多く分泌され、上記のような効果が得られる。

寝るだけダイエット=質の良い睡眠!

寝るだけダイエットは、ダイエット効果があるだけではなく、美容や健康においても効果は抜群だ。

是非、正しい寝るだけダイエットのやり方を実践して、質の良い睡眠を手に入れてほしい。

 

images113

※次のページ【快眠グッズおすすめ】実際に使って効果が出た4つの商品

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加